観音寺まちなか再生プロジェクト

担当者: 山崎,神庭, 西上
場所:香川県観音寺市
工期: 2012〜

観音寺まちなか再生

日本の多くの地域が抱える大きな課題のひとつが、駅前の商業地区の活性化です。観音寺も例外ではありません。この状況をなんとかしようと、観音寺の多くの人々が立ち上がっています。商店街の人たちや周辺で活動する人たち、みんなが一緒になって、ワークショップを行いながら、地域を盛り上げる活動をはじめています。

観音寺が全国に起こした小さなブーム

まちづくりを取り組むメンバーのひとりが、晩酌する写真を「今宵もはじまりました」というフレーズとともにFacebookでほぼ毎晩のようにアップし始めました。何の変哲もないフレーズ。普通なら気に留めることなく過ぎていくメッセージですが、観音寺では違います。他のメンバーも面白がって、同じフレーズと写真をアップし始めたのです。そのうち、この動きに乗じて「今宵も始まりました」グッズをつくり始めました。「今宵も始まりましたTV」と題した動画配信番組もできました。この動きを面白がる人が連鎖的に増えて、その結果多くの取り組みにつながってきています。さらにその動きは、観音寺だけに留まりません。周辺の四国地域に波及し、今は信州、山陰、九州など全国にも広がりました。

Shop in Shopプロジェクト

「Shop in Shopプロジェクト」は営業しているお店の一部の売り場スペースをつかって、別の人がお店を開くというものです。このプロジェクトは、ランジェリーショップの片隅でケーキを販売していたり、仏壇屋の2階でビリアードバーをしていたりと、もともと観音寺市内に「Shop in Shop」型のお店があったことがきっかけとなっています。1店舗のなかに2業種以上が入って商売する独特のお店の形態を、地域のブランドとして位置付けて外部に発信していくこと目指しています。2014年には、「着物屋×整体」、「ランジェリーショップ×ベーグル」「補聴器屋×たこ料理」など11店舗16業種のお店が商店街内に実現しました。


COPYRIGHTS © studio-L ALL RIGHTS RESERVED.