宇奈月温泉街再生活動(富山県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–富山県黒部市で、温泉街の活性化に取り組む河田さん

人口減、高齢化が進むコミュニティですが、黒部峡谷の自然、歴史と文化を大事にしたいです

富山県黒部市、黒部川の渓谷沿いにある宇奈月温泉街は、富山県内では最大規模の温泉地。街には旅館が立ち並び、宇奈月温泉駅前には温泉水を利用した噴水があります。そんな温泉街ではいま、街をさらに活性化しよう!という取り組みが始まっています。studio-L10周年、52日前の今回は、温泉街の自治振興会長を務める河田さんにお話を伺いました。

仲間たちと一緒に、いろんな活動に取り組んでいます!
“北陸新幹線が金沢まで開業し、黒部峡谷の玄関口宇奈月温泉も新たな時代を迎えました。温泉街の活性化のための「総湯」の建設も始まり、来年春にはオープンの予定です。そんな温泉街の自治振興会長をしていますが、仲間と「宇奈月の歴史や文化を楽しむ会」をつくったりして、いろんな活動に取り組んでいます。人口減、高齢化が進むコミュニティですが、黒部峡谷の自然、歴史と文化を大事にしたいです。”

ワークショップを通じて、地域の課題を共有。
“ワークショップでは、意見の多くは想定されたことでしたが、取り組まなければならない課題も多くあげられました。意見を出すことで、地域の課題を共有した人が多くいました。それが必ずしも行動に結びついているとはまだいえませんが、このプロジェクトをきっかけに活動する人が出てきてほしいと思います。”

studio-Lにひとこと!
“宇奈月温泉街再生のために総湯建設に取り組んだ際に、studio-Lの存在を知りました。街づくりを進めるうえで、住民の意識を変え、課題を共有して、取り組んでいく存在だと思います。まち、住む人の意識を変えるために、さらなるご活躍を。”

===================================
宇奈月温泉街再生活動支援
studio-L担当:曽根田
場所:富山県黒部市
WEB:http://www.unazuki-onsen.com/
052_unazuki_map

ファイン薬局尼崎店フリースペース(兵庫県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–兵庫県尼崎市、ファインメディコム株式会社の皆さん

これからが本番でいよいよ大詰めという感じで、ドキドキですが、みんなが気軽に集まれる場を目指し、作り上げていきたいと思います!

阪神地区で3店舗の薬局と2棟の高齢者施設、高齢者施設仲介業を展開しながら、地域に根ざした薬局を目指しているファインメディコム株式会社。3店舗目となる兵庫県尼崎市では、これまでとは違った薬局づくりに取り組まれています。studio-L10周年、60日前の今回は、新しい薬局づくりについてお話をうかがいました!

交流拠点づくりはいよいよ大詰めに。
“現在、新しい薬局の形を目指し、新規開設する店舗の2階の準備を進めております。地域に新しいコミュニティを作る場、相談できる場を目指し、関係する方々と打ち合わせ等を行っている日々です。これからが本番でいよいよ大詰めという感じで、ドキドキですが、みんなが気軽に集まれる場を目指し、作り上げていきたいと思います!”

studio-Lとの出会いのきっかけは、あべのハルカスの「縁活」!
“近鉄百貨店に勤める友人からの紹介で、出会いました。あべのハルカスの「縁活」でstudio-Lさんを知り、我々の事業のお手伝いをしていただけないかとアプローチさせていただきました。studio-Lさんの存在は、我々の新たな事業を展開するうえで欠かせない重要な存在です!”

studio-Lにひとこと!
“10周年おめでとうございます。コミュニティデザインの専門として20年、30年と末永く活動していただき、日本だけでなく世界へコミュニティを広げていってください!”

=========================
ファイン薬局尼崎店フリースペース
担当:山崎、醍醐、曽根田
場所:兵庫県尼崎市
Web:http://www.finemedicom.com/

060_fainemedicom_map

立川市子ども未来センター 市民活動支援(東京都)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
– 東京都立川市で公共施設の管理・運営に携わっている福士さん

マンガやアニメを通じてまちを元気に!

昨日に引き続き、立川市子ども未来センター(以下、センター)に関わる方をご紹介します。studio-L10周年62日前の今日は、センターの館長を務めていらっしゃる福士さんです。

マンガやアニメをテーマにした賑わいづくり

“指定管理者としてセンターの管理・運営をしている、株式会社合人社計画研究所の福士です。館長として日々奮闘しています!センターや立川駅の南口エリアを中心にイベントやプログラムの開催に携わっています。特に、センターにはマンガを読めるスポット『立川まんがぱーく』があるので、それに合わせてマンガやアニメに関連したものを開催することが多いです。”

印象に残っているできごと

“市民の皆さんと立川市職員の皆さん、そしてstudio-Lさん含む私たち指定管理者とが協働しながら開催したイベント『センターまるごと肝だめし!』がとても印象に残っています。センター全体を真っ暗にして、お化けや妖怪に変装したスタッフが廊下や部屋で子供たちを驚かすというこのイベント、大成功でした!普段は所属や立場の違う人たちがひとつの事に一緒に取り組めたというのは、とても意味のあることだったと感じています。”

studio-Lにひとこと!

“「こんなに地域の人達に寄り添う仕事があるとは!」センターで2年間ともに働いてきて、強く感じていることです。studio-Lさんのスタイルは今後さまざまな地域で活躍すると確信しています。コミュニティデザインから生まれる魅力を日本中に広げていってほしいです。そして最後に、市民活動コーディネーターの皆さん、いつも厳しいツッコミを入れていただきありがとうございます(服装など)……!”

===========================

立川市子ども未来センター指定管理 市民活動支援業務
studio-L担当:山崎、醍醐、洪、藤山、落合
場所:東京都立川市
WEB:http://t-mirai.com/

map_tachikawa

立川市子ども未来センター 市民活動支援(東京都)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
– 立川市子ども未来センターでアクティベーターとして活動している笹森さん

活動がまちにじわじわ広がってきているのを感じます

JR中央線の立川駅から徒歩10分ほどのところにある立川市子ども未来センター(以下、センター)。ここは旧市役所跡地を改修し、子育て、教育、市民活動、文化芸術活動を支援するとともに、イベント実施などによって地域のにぎわいを生み出す複合施設です。私たちは市民活動コーディネーターとして常駐し、センターを拠点に活動する市民団体の皆さんを様々なかたちでサポートさせていただいています。市民団体の皆さんの他に、「アクティベーター」と呼ばれる市民ボランティアの皆さんも活動中です。studio-L10周年63日前の今日は、アクティベーター・笹森さん(写真 後列左から4番目)のお話をご紹介します。

自主企画からサポートまで多岐にわたる活動

“センターでアクティベーターとして活動している笹森です。中学生から50代の社会人まで、バックボーンも世代も異なるメンバーたちの中で最年長オヤジとして奮闘しています!センターでは、主に子ども向けのワークショップを自主企画したり、センターで活動している市民団体さんのさまざまなコミュニティプログラムのサポートや情報発信などを行ったりしています。”

立川のミリョク

“立川を一言で表すと多様性。都会らしさと自然がほどよいバランスなんです。さらに、アニメなどのサブカルチャーの街といった側面もある。様々な世代が共存し、それぞれの楽しみ方ができるところが立川の大きな魅力だと思います。センターから始まった活動が、世代や職業を越えた新しい人と人との繋がりを生み、今ではセンターの枠を越えて、立川というまち全体に少しずつ広がってきているのを感じています。”

studio-Lにひとこと!

“設立10周年おめでとうございます。市民活動コーディネーターの皆さんとの出会いは、アクティベーターの募集に応募したことから。どんな課題にも、明るく、そして粘り強く取り組み、みんなのつなぎ役を努めてくださっている皆さんに感謝です!いつの日かstudio-Lが必要とされなくなるほどに、『人と人とのつながり』に根ざしたコミュニティデザインの考え方をさまざまな地域で根付かせていってくださいね。”

===========================

立川市子ども未来センター指定管理 市民活動支援業務
studio-L担当:山崎、醍醐、洪、藤山、落合
場所:東京都立川市
WEB:http://t-mirai.com/

map_tachikawa

池田町 角間郷まち育てプロジェクト(福井県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
– 福井県池田町で、環境・食・音楽を通じてまちづくりに取り組む長谷川さん

田舎暮らしを楽しめる地域であることをもっとアピールしたい!

福井県池田町は、森林率92%の山に囲まれた源流のまちです。少子高齢化が進んでいますが、合併はせず、地域をあげたまちづくりに意欲的に取り組んでいます。私たちは、まちの未来や子どもたちの未来、そして皆で楽しく暮らしていくためのアイデアを考えるワークショップのお手伝いをさせていただきました。studio-L10周年64日前の今日は、プロジェクトに参加してくださった長谷川さんのお話をご紹介します。

環境・食・音楽をテーマに活動中!

“池田町で林業を営んでいます。その他、自然エネルギー利用推進(Pecoの会)や環境ボランティア(環境パートナー池田・環境∪フレンズ・まちおこし21)、チェンソーアートを通じた林業のイメージアップ(あすなろカービング倶楽部FUKUI)、食と音楽を通じて世代間・地域間交流(ろばたコンサート実行委員会)などなど、たくさんの活動に取り組んでいます!”

おすすめは、真冬に楽しめるコンサート!

“池田町には、30年続けてきた「ろばたコンサート」というイベントがあります。毎年2月に囲炉裏や火鉢、持ち寄りの料理を囲んで、プロ・アマ問わず音楽の生演奏を夜通し楽しみます。会場は古民家や集落センターなどさまざまで、今年は廃校になった第三小学校で開催しました。皆さんもぜひ遊びに来てください!”

まちの魅力、たくさんあります!

“プロジェクトを通じて、地域の課題は盛りだくさんであることに気がつきました。だけど、今もまちに残るコミュニティや、豊かな自然、昔ながらの暮らしの知恵は大きな強みです!盆地の気候から生まれる美味しいお米や野菜も地域の自慢です。近年は、スローライフに憧れて新たな移住者も増え始めていますよ。田舎暮らしを楽しめる地域であることをもっとPRしていきたいです。田舎暮らしを始めたい方を応援します!”

studio-Lにひとこと!

“設立10周年、おめでとうございます!これからも全国のさまざまなまちを元気づけていってくださいね。”

===========================

池田町 角間郷まち育てプロジェクト
studio-L担当:山崎、醍醐、曽根田、小山
場所:福井県池田町
WEB:http://www.town.ikeda.fukui.jp/

map_ikeda

船坂小学校跡施設活用プロジェクト(兵庫県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–兵庫県西宮市で、船坂小学校跡施設の活用に取り組む皆さん

船坂の魅力は、昔からある集落で住民同士の結束力が固く、温かく真面目な人柄の方が多いことです。

平成22年3月末をもって137年の歴史に幕をとじた、地域の大切な学び舎であった船坂小学校。ここを地域の活動拠点として存続させるために様々な取組が進められています。studio-L10周年、65日前の今回は、船坂小学校跡施設の運営メンバーにお話を伺いました。

住民の結束力が固い、船坂地域!
“船坂の魅力は、昔からある集落で住民同士の結束力が固く、温かく真面目な人柄の方が多いことです(女性が明るい)。また、車で市街地に30分程度で行く事が出来る立地の良さにもかかわらず、里山の雰囲気を残しています。”

小学校跡施設を、地域の活動拠点として存続させるために。
“平成22年3月末で閉校した船坂小学校の跡施設を、地域の活動拠点として存続させるために、日々の維持管理(校舎の通風・清掃・受付等)と跡施設の活用を進めるプログラムの企画・運営を行っています。”

地域課題を、みんなで解決していく。
“studio-Lの皆さんは、様々な地域住民の意見や思いを上手にくみ上げて、跡施設の活用計画にまとめてくれました。自分達が普段、生活している中で、見過ごしている地域の魅力等に気づくきっかけを与えてくれた貴重な存在だったと感じています。”
“ワークショップ等を通じて、船坂の魅力を再発見すると同時に、地域課題も改めて認識する事が出来ました。そして、みんなで話し合った事を跡施設の活用計画としてまとめてもらったので、活動の目標を持つことが出来ました。”

studio-Lにひとこと!
“10周年おめでとうございます。これまでの地域支援は山あり谷ありだったと思います。今後も、人口減少や高齢化をはじめ地域社会の状況は大きく変化し、悩める地域は増加すると思います。今後、益々の活躍を期待しています。”

=================================
船坂小学校跡施設活用プロジェクト
担当:山崎、醍醐、村岡
場所:兵庫県西宮市
WEB:http://www.nishi.or.jp/contents/0002917500020007800015.html

065_funasaka_map

今治市みなと再生プロジェクト(愛媛県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–愛媛県今治市、NPO法人今治シビックプライドセンターの皆さん

「若者が帰ってこられるチャンスの多い街」の実現のためこれからも、studio-Lの皆さん、そして全国の仲間のみなさん、よろしくお願いします。

“「交通」の港から「交流」の港へ”という大きなテーマを掲げて平成19年から始まった、今治港を「市民の誇り(シビックプライド)」を生み出す場として活用するプロジェクト。studio-Lはこのプロジェクトを進める「ICPC協議会」という市民団体から依頼をいただき、共にワークショップを重ねて、特産品の開発など24のコンテンツを発案しました。ICPC協議会は今年4月にNPO化され、活動を継続しています。studio-L10周年、66日前の今回は、NPO法人今治シビックプライドセンター代表の友田さんにお話をうかがいました。

「ハードは行政、ソフトは市民」。
“平成19年から始まったみなと再生事業は施設の建設も始まり、完成後の利活用というソフト部門も日の目を見る段階に入りました。「ハードは行政、ソフトは市民」という考えのもと行政と協働し施設の運営を視野に入れてきました。仲間づくりも最終段階に入ろうとしています。”

活動はみなとから中心市街地、今治市全体へ!
“ICPC協議会として始まった私たちは、名前を変え、形態を変え、生き延びてきました。2015年4月23日にNPO法人今治シビックプライドセンターとなり、みなとに留まらず中心市街地、今治市全体に活動が広がる仕組みづくりを行っています。”

若者が帰ってこられるチャンスを!
“NPO法人となり、理念を「ひととまちに幸せをたくわえる」としました。「若者が帰ってこられるチャンスの多い街」の実現のためこれからも、studio-Lの皆さん、そして全国の仲間のみなさん、よろしくお願いします。”

studio-Lへひとこと!
“10周年おめでとうございます。学校机を並べて商店街で亮君から習ったコミュニティデザイン。次の10年で世界に羽ばたけstudio-L!”

==================================
担当者: 山崎,神庭,
場所: 愛媛県今治市
WEB: http://www.icpc-imabari.jp/

066_imabari_map

あべのハルカス近鉄本店「縁活」プロジェクト(大阪府)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–大阪市阿倍野区で、近鉄百貨店あべのハルカス「縁活」に取り組む皆さん

studio-Lさんをはじめ、縁活事務局や団体さん、そしてボランティアメンバーのみんなに笑顔や元気をもらいながら、「次は何しよう!」ってわくわくしています。

あべのハルカス近鉄本店「縁活」。68日前の前回は「縁活」をコーディネートする事務局のご紹介でしたが、今回は店内の「街ステーション」を舞台に活動しているボランティア「CSR(※)」メンバーのくろださんにお話を伺いました!
※CSR=C:コンシェルジュ、S:サポーター、R:レポーター

ボランティアの仲間たちと、わくわくしながら活動しています!
“「縁活」が始まって2年。団体さんのプログラムのサポートに入ったり、ボランティア発信のプログラムにかかわったりしています。一緒に活動しているボランティアメンバーは個性的で楽しい人が多く、笑いが絶えません。”
“studio-Lさんをはじめ、縁活事務局や団体さん、そしてボランティアメンバーのみんなに笑顔や元気をもらいながら、「次は何をしよう!」ってわくわくしています。これからも、たくさんの方に「縁活」を体験していただきたいです。”

団体さんのサポートだけでなく、自分たちも企画します!
“縁活ボランティアメンバーの企画である「あべの知ろう展」。マッピング企画を中心に、すでに4回実施しています。たくさんのメンバーが参加しており、映像、デザイン、WEB、内職などそれぞれが得意分野をいかして回を重ねるごとに企画が成長してきました。毎回新しいことに挑戦していて、参加するのが楽しみな企画です。お客様や地域の方に今まで知らなかった地域の魅力を教えていただています。”

新しい企画にもチャレンジしています!
“着物が着たくて、着付けを習ったはいいけど……着物を着ていく場所がない!ということに気づいてから、いつかはやりたいと思っていた「着物企画」。着物好きが集まって「縁活」で実現することができました。団体さんやボランティアメンバー、いろんな人たちを巻き込んで続けていきたい企画です。”

記念日はみんなでパーティー!
“「縁活」では、節目ごとに事務局で持ち寄りパーティーをしています。ハルカス風手作りケーキ! サプライズお誕生日会! などなど。「縁活1周年バースデーパーティー」では、参加者一人一人がはるにゃん(しっぽがハルカスの形をしている猫・縁活マスコットキャラクターにゃん)のお面をかぶって記念撮影をしました。いつもとはちょっと違う表情が撮れたかも。2周年パーティーでは何があるのか? 期待で胸がいっぱいです~。”

studio-Lへひとこと
“10周年おめでとうございます!「縁活」に参加して知ったstudio-Lさん。楽しい経験いっぱいさせてもらっています。これからもおもしろいこと一緒にやりたいです。よろしくお願いします。ますますのご活躍を!!!”

=================================
担当者:山崎,醍醐,神庭,林,吉永,平野,恋水
場所:大阪府大阪市阿倍野区
Web: http://www.en-katsu.info

068_enkatsu_map

あべのハルカス近鉄本店「縁活」プロジェクト(大阪府)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–大阪市阿倍野区で、近鉄百貨店あべのハルカス「縁活」事務局の皆さん

「縁活」は百貨店の中だけではなく地元阿倍野・天王寺地域全体が活性化する、新しい「にぎわい」作りを目指しています。

「あべのハルカス近鉄本店」は、都会と下町の暖かさを持つ阿倍野・天王寺地域にあります。studio-Lは近鉄百貨店新本店プロジェクト(当時)の皆さんと一緒に、百貨店初の取り組みとなる「縁活プロジェクト」をはじめました。百貨店の中で、市民活動団体・ボランティア・地域・百貨店とが一緒に活動し、社会をちょっと良くしていく活動です。studio-L10周年、68日前の今回は、縁活事務局長である近鉄百貨店・豕瀬(いのせ)さんに話を伺いました。以下、豕瀬(いのせ)さんよりいただいたお話をご紹介します。

縁活が取り組む、新しい「にぎわい」づくり

“市民活動団体のみなさんや、縁活CSRボランティアチームと一緒に、百貨店内のコミュニティスペース「街ステーション」で日々たくさんのプログラムを行っています。その活動は「街ステーション」の中だけでなく百貨店の売場の中や、そして店外の阿倍野・天王寺地域へ少しずつ拡がっており、新しい人の繋がりも形成され始めています。
「縁活」は百貨店の中だけではなく地元阿倍野・天王寺地域全体が活性化する、新しい「にぎわい」づくりを目指しています。”

ここだからこそ、「縁活」ができるんです

“日本一の超高層ビル「あべのハルカス」が建つ”阿倍野・天王寺地域“は、大阪の他の都心(梅田や難波)とは異なり、昔から住んでいる方が非常に多いところです。地元の方が多いこの地域でしか「縁活」はできませんね。”

studio-Lにひとこと!

“男性・女性共に、なぜか似た感じの人が多いですね(笑)次は目指せ100周年で!日本一高いビルより応援しています。
そして、ぜひ全国各地の方を連れて、百貨店初の取り組み=「縁活」を見に来てください。これからも一緒に「縁活」を盛り上げていきましょう。”

===========================

近鉄百貨店コミュニティ運営支援「縁活」プロジェクト
studio-L担当: 山崎、醍醐、神庭、林、吉永、平野、恋水
場所: 大阪府大阪市阿倍野区
WEB:http://www.en-katsu.info

068_enkatsu_map

マルヤガーデンズ(鹿児島県)

studio-L10周年特別企画!地域のみなさんをご紹介!
–鹿児島県鹿児島市「マルヤガーデンズ」の玉川社長と歴代コーディネーターのみなさん

鹿児島という狭い土地だからこそ、人とのつながりが重要だと実感しています。

マルヤガーデンズは2010年4月に鹿児島市の中心市街地・天文館にオープンしました。地元・鹿児島に本社を置く丸屋が、三越鹿児島店の撤退を機に、建物を全面的に改修してできたテナント集積型商業施設です。ファッション、書籍、ライフスタイル雑貨、フードといったショップに加え、シネマ、館内に「ガーデン」と呼ばれるコミュニティスペースが設けられ、「地域に根差した商業施設」となっています。studio-Lは、開業時にこの「ガーデン」で活動する地域コミュニティをつくるお手伝いをさせていただきました。studio-L 10周年69日前の今日は、ガーデンで活動利用者のコーディネートをしているコーディネーターのみなさんのお話をご紹介します。

多用なコミュニケーションが生まれる「ガーデン」が魅力

“地域のコミュニティが活動の場として利用できる「ガーデン」では、地元・鹿児島をテーマにしたイベントを中心に様々な活動が行われています。ガーデンは様々な客層を呼び込む集客装置としての役割も担っており、お客様、テナント、コミュニティの三者間で多様なコミュニケーションを醸成しています。”

プロジェクトを通じて感じた「人と人とのつながり」

“「ガーデン」を利用した方が、新しいイベント開催を希望する人に「ガーデン」をご紹介してくださり、次の開催につながることが多くなりました。鹿児島という狭い土地だからこそ、人とのつながりが重要だと実感しています。プロジェクトを始めてから、そういったことを感じる場面が増えてきました。”

県外とのつながりも!

“これからは、鹿児島のつながりを大切にしながら、県外とのつながりも構築していきたいと考えています。「ガーデン」で鹿児島×他県のコラボイベントを開催できたら面白いなと思っています!コラボしたい方がいらっしゃれば、ぜひお声掛けください!”

studio-Lにひとこと!

“開業の際にはお世話になりました。ガーデンの利用者となりそうな地域コミュニティを探すため、鹿児島県内の各所を車で回ったのですが、その際にまったく土地勘のない山崎さんに運転をしてもらい、森で迷子になったことをふと思い出しました(笑) 今後とも地域の課題に向き合う方たちの導き役として発展なさることを祈念します!”

===========================
マルヤガーデンズ コミュニティデザイン
studio-L担当:山崎、神庭、西上、井上
場所:鹿児島県鹿児島市
WEB:https://www.maruya-gardens.com

map_kagoshima

みさとみらいカフェ(埼玉県)

studio-L 10周年特別企画!地域のみなさんをご紹介!
– 埼玉県児玉郡美里町で、持続可能なまちづくりの推進に取り組んでいる美里町役場の木村さん

町民のみなさんが住み続けたいと思えるまちに!

美里町は東京から電車で2時間圏内というアクセスの良さでありながら、美しい農村風景が残っているまちです。三村合併60周年・町制施行30周年を迎え、町民の皆さん、そして美里に興味がある都心部の若者たちが一緒になり美里の未来を考えるワークショップ「みさとみらいカフェ」が開かれ、studio-Lも、その運営をお手伝いさせていただきました。studio-L 10周年82日前の今日は、プロジェクトの担当課としてお世話になっている美里町役場の木村さんのお話をご紹介します。

未来を担う若者たち

“美里町では、町民1人ひとりが誇りを持って住み続けたいと思える持続可能なまちづくりを目指しています。昨年度は、これからの未来を担う若者のまちづくりへの参画を進めていくため、人材発掘や育成に力を入れ、若者を中心とした取り組みを展開しました。その中で、ブルーベリーやダチョウの肉などの特産品をつくっている方とつながりができ、地域のPRに協力してもらっています。”

印象的だった場面

“studio-Lとプロジェクトを進める中で印象的だったのは、ワークショップやヒアリングを実施したときのこと。スタッフの洪(ほん)さんや落合さんを相手に、町民の皆さんがいきいきと夢やまちの魅力を語っていたことです。役場の職員を相手にしているとき、こんなに楽しそうに語る人は少ないのに不思議だなぁと感じました。”

ただいま、勉強中……!

“studio-Lのスタッフたちの若々しい新たな着眼点はとても新鮮で楽しかったです。studio-Lの活動に興味が湧いてきて、これまで手をつけてこなかったFacebookを活用してみようと思うようになりました。ただいま勉強中です。徐々にレベルアップできるよう、頑張ります!”

studio-Lにひとこと!

“設立10周年、おめでとうございます!これからの発展を大いに期待しています。studio-Lの発信力や行動力により、今後のまちづくりに携わる新たな人材を発見し、若者たちの意識も変わりつつあります。これからもよろしくお願いします!”

===========================

特定地域再生事業費補助金事業
studio-L担当:醍醐、洪、落合
場所:埼玉県児玉郡美里町
WEB:https://www.facebook.com/mimicafe2014

map_misato

Line85 上市場魅力づくりプロジェクト(千葉県)

studio-L 10周年特別企画!地域のみなさんをご紹介!
– 千葉県長生郡睦沢町で、スポーツを通じた明るい住み良いまちづくりに取り組む「睦沢ふれあいスポーツクラブ」の常任理事三ツ井さん

 睦沢の魅力を活かしたまちづくりに取り組んでいきたい!

千葉県の睦沢町は人口約7,000人の、美しい槙塀(まきべい)が道沿いに続くまちです。人口減少とともに高齢化が進んでおり、昨年度から地域再生と健幸のまちづくりに取り組んでいます。私たちは、昔からまちの中心となっている上市場地区での魅力ある活動を考える、「Line85上市場魅力づくりワークショップ」のお手伝いをさせていただきました。ワークショップでは、まちに必要な活動や仕組み、県道を活かしてまちを魅力的にするためのアイデアについて、まちの皆さんとともに話し合いが進められました。studio-L 10周年、83日前の今日は、ワークショップに参加してくださった「睦沢ふれあいスポーツクラブ」の常任理事である三ツ井さんのお話をご紹介します。

誰もがスポーツを楽しめるまちに

“「睦沢ふれあいスポーツクラブ」の常任理事や、フットサル・サッカークラブの代表、スポーツ推進委員を務めています。老若男女を問わず、多くの人にスポーツを楽しんでもらうことを何より大切にして活動しています。”

たくさんの学びがあったワークショップ

“Line85のワークショップでstudio-Lのスタッフの方たちがテーブルワークを進行する様子を見て、まちのみんなの意見を引き出す術を自分も真似してみたいと思いました。質問の投げかけ方や話し方、言葉の選び方もそうですが、発言しやすくするためのツールも大切なんですね。僕にとってのstudio-Lは、一言でいうなら参考書のような存在です。”

豊かな自然を活かしたい

“健幸のまち、睦沢。自然豊かな素晴らしい環境を活かし、まちの人たちが自ら率先して楽しめるような活動を展開できたらと思っています。まちの魅力を大切にして、身の丈に合ったまちづくりに取り組んでいきたいです!”

studio-Lにひとこと!

“継続は力なりですね。これまで出会ってきた地域の人たちとの繋がりが、多くの引き出しをつくり上げたのだと思います。その繋がりこそが、きっとstudio-Lの強みです。これからの10年、ますます楽しませてくださいね!”

===========================

Line85 上市場魅力づくりプロジェクト
studio-L担当:醍醐、洪
場所:千葉県長生郡睦沢町
WEB:http://www.town.mutsuzawa.chiba.jp/chousei/chominsanka/post-48.html

map_mutsuzawa

大分駅 鉄道残存敷利活用プロジェクト(大分県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
– 大分県大分市で、まちを元気にするイベントづくりに取り組む企業「Knot Factory」の茅嶋さん

子どもから大人まで、誰もが楽しいと思える空間づくりを!

今年4月に駅ビルが開業。駅を中心とした南北軸も整備され、今話題の大分駅周辺エリア。でも実は大分駅周辺の動きはまだまだこれだけではありません。高架化した新しい線路に沿って東西に伸びる長い緑地空間。ここは元々線路だった「鉄道残存敷」。高架化によって新しく生まれたこの公共スペースをどのように活用していくか、大分に住む皆さんと一緒に使い方を考えるプロジェクトにstudio-Lも関わらせていただいています。目指すはニューヨークにある「ハイライン」のような、住んでいる人々に愛される空間。東西に伸びる「細長いまち」をつくるため、今年も大分の皆さんと一緒に頑張っていきます。そしてstudio-L 10周年、84日前の今日は、そのプロジェクトでお世話になっている地元企業「Knot Factory」の茅嶋さんのお話をご紹介します。

まちなかに元気と楽しさを生み出す

“大分を拠点にして、イベントづくりに取り組んでいます。アカペラや大道芸のイベントが得意です。コミュニティデザインとエンターテイメントとを掛け合わせて、まちなかに元気と楽しさを生み出しています。今年からは、大分だけでなく全国の地域に活動を展開していきたいと思っています!”

スタッフだけでなくお客さんも一緒に

“僕らは、自分たちスタッフだけでなくお客さんも一緒になってイベントを創り上げてもらうことを大切にしています。その方が何倍も楽しいですし、感動的なんです。イベントが無事に終わった後の打ち上げ会も楽しみのひとつ。我が家のような居酒屋「はなぶさ」が大のお気に入りです。ここのヒラメと鴨鍋は絶品ですよ!”

夏と冬に開催するイベントがおすすめ!

“夏と冬に、多様なジャンルのアーティストと地域、観客が一体となって創り出す「アートパフォーマンスロード」というコミュニケーションフェスティバルを開催しています。とにかく楽しくて、心躍る時間を過ごせますよ。ぜひ大分へ遊びにきてくださいね!”

studio-Lにひとこと!

“情熱大陸で山崎さんを見てぜひ話をしたいと思い、電話をかけたのがstudio-Lとの出会いです。大分で山崎さんの講演会を開いたのは、おそらく僕らが一番はじめだったんじゃないかな。鉄道残存敷利活用のプロジェクトでも、スタッフの皆さんから良い刺激をもらっています。実は、8月1日は弊社の設立記念日でもあるんです!地域のため、人のために、ともに文化を創っていきましょう!”

===========================
大分駅 鉄道残存敷利活用プロジェクト
studio-L担当:山崎、醍醐、内海
場所:大分県大分市
WEB:http://www.senroatokara.net/kyogi/

map_oita