いこいの里運営モデル検討支援「あぐりの学校」(長崎県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–長崎県長崎市いこいの里「あぐりの丘」で活動する、「あぐりの学校」の皆さん

「あぐりの学校」の魅力は人です!いい町にしよう、いいイベントにしようという気持ちが強く、熱く、アイデアも豊富で、人当たりがいい方達ばかりで、とても魅力的です!

長崎県長崎市にある市立「いこいの里」は、約230ha(東京ドーム約49個分)という広大な敷地を持つ農業型レクリエーション施設。開園当初に比べ来園者が減少してしまったという背景から、「いこいの里」にある「あぐりの丘」エリアを市民がつながる場となるよう、市民活動に取り組む「あぐりの学校」を始めました。studio-L10周年、36日前の今回は、そんな「あぐりの学校」で活動する堀井さんと山口さんにお話をうかがいました。

■堀井さん
“保健師として、身体の健康だけでなく心の健康をキープするための good idea を日々模索しています。小中高校生が 肩の力を抜いて過ごせる『書道ランド』を月2回日曜日に開催中。”
■山口さん
“スポーツクラブや公民館でYOGAを教えています。月一回小学生にも教えていますので、生徒さんの年齢は7歳~80歳まで幅広いです。あるがままを大切に、楽しみながらリフレッシュ!を心掛けています。”

長崎市は、人情味のあふれる町!
“長崎は人情味溢れる街です。食材も豊富で安価です。家賃は高めですが、坂道を行き来して狭い部屋に住まざるを得ないので、その分 消費カロリー多めで健康的。家族もご近所さまも距離は近いです。東京に居る娘が【音の出る物】のテーマで、長崎ビードロを紹介したら♪ポッペン♪という可愛い音が大好評だったそうです。”(堀井さん)

そして、あぐりの学校の魅力は人!
“あぐりの丘は、森林の緑とパノラマビューの美しい海を両方感じられる素晴らしい所です!そして、「あぐりの学校」の魅力は人です!いい町にしよう、いいイベントにしようという気持ちが強く、熱く、アイデアも豊富で、社交的な方ばかりで、とても魅力的です!会議では、ワクワクして気持ちが前向きになります。”(山口さん)

あぐりの丘でやりたいことは、ふくらむばかり…!
“先日スクエアステップ指導員の資格を取ったので、定期的にスクエアステップ指導をしていきたい。できれば、『あぐりの丘』で…!”(堀井さん)
“あぐりの丘の森や芝生、ガレージ、木の下などにブースを作って、色んなヨガを体験できるヨガフェスをやりたいです!、朝6時~朝ヨガ、夕日を眺めながらのサンセットヨガなど、夢は広がるばかりです!!”(山口さん)

あぐりの学校で得た学び。
“街もプロジェクトも同じ。自分の企画を一生懸命練っていると、全体が見えなくなるのですね。家族や職場を大事にする人が増えた分、地域の繋がりが薄れてしまったのかもしれません。『あぐりの丘でやってみようの」イベントの時に、私たちはイベントを行うのではなく、全体を来場者に案内する『コンシェルジュ』として動いたことで大きな学びがありました。
全体を眺めながら自分の企画を考えていきたい!他の企画と違う楽しみを与えられるか?他の企画とお互いに良さを引き立て合う=◎響き合うプロジェクトになっているか?を自問しながらやりたいですね。”(堀井さん)

studio-Lへひとこと!
“本当によく歩き回って たくさんたくさん汗を流した分、やっとここまで来ましたね。た易い日々じゃなかったことでしょう。たくさんの街が動き始め、たくさんの人の夢が回り始めました。10周年…素敵です!素晴らしいです!熱いエールに代えて、anniversary song 制作中。完成したら聴いてくださいね。”(堀井さん)

“10周年おめでとうございます!!studio-Lのことは、あぐりの学校に参加して知りました。魅力は人です!コミュニティの一体感を生み出し前向きに進める、studio-Lのお一人お一人が代表取締役社長のように思いました。これからも、ワクワクする取り組みのシェアをよろしくお願いします!FBで楽しみに見てます!”(山口さん)

==========================================
いこいの里運営モデル検討支援「あぐりの学校」
担当:山崎、西上、神庭、出野
場所:長崎県長崎市
Web: http://www.city.nagasaki.lg.jp/ikoi/
036_aguri_map

草津川跡地プロジェクト(滋賀県)

studio-L 10周年特別企画!地域のみなさんをご紹介!
–滋賀県草津市より、「草津川跡地プロジェクト」のみなさん

“少しずつ将来の草津川跡地で活躍いただけそうな人の顔や、人と人とのつながりが見え始めてきました。”

滋賀県草津市の中心部を東西に流れていた旧草津川は、まちよりも高い位置を流れる「天井川」として全国的に有名でした。川としての役割を終え廃川となった今、将来に向けてさまざまな活動ができる空間となるよう、市民の皆さんと話し合いながら計画を進めています。studio-Lでは、「草津川跡地プロジェクト」における市民活動の取り組みのお手伝いをさせていただいています。

studio-L10周年、88日前の今回は、草津市都市計画部草津川跡地整備課の西村さんにお話を伺いました。以下、西村さんよりいただいたお話をご紹介します。

草津は歴史のまち、そして、近畿の住みよいまち代表!

“滋賀県の南東部に位置し、東海道と中山道の分岐・合流の地であった草津は、天下を手中に収めようとした時の権力者たちにとっても、歴史上重要な場所でした。そして現在、東洋経済新報社が毎年公表している「住みよさランキング2014」で、草津市は近畿以西の西日本エリアで『1位』となりました。近畿No.1は2年連続。近畿の住みよいまち代表となっています。”

市民のみなさんと一緒に、草津市ならではの「魅力空間」へ

そんな草津市で今進められている「草津川跡地プロジェクト」。

将来の草津川跡地において市民活動が活発に展開されることを目指し、計画段階から市民の方々に参画いただきながら事業を進めています。

“草津市では、市域を横断する「草津川跡地」を一つの緑軸として捉え、まちなかと琵琶湖を結び、人と人を繋ぐ草津市ならではの「魅力空間」を目指し、新たな緑地空間の整備を進めています。それに欠かせないのが市民の皆さんと一緒に取り組んでいくということ。”

 少しずつ活躍いただけそうな人の顔や、人と人とのつながりが見えてきました!

“なかなか形にしていくことが難しい市民活動の体制づくりを、studio-Lさんとともに取り組んでいます。現在では、市民ワークショップ等の取り組みから、少しずつ将来の草津川跡地で活躍いただけそうな人の顔や、人と人とのつながりが見え始めてきました。引き続き、魅力的な草津川跡地の空間づくりを目指して、コミュニティデザインの取り組みを続けていきます。”

 

===========================

草津川跡地活用プロジェクト
studio-L担当:山崎、醍醐、林、太田
場所:滋賀県草津市
WEB:http://www.city.kusatsu.shiga.jp/

088_kusatsu

泉佐野丘陵緑地(大阪府)

studio-L 10周年特別企画!地域のみなさんをご紹介!
–大阪府泉佐野市の泉佐野丘陵緑地より、公園づくりボランティア「パーククラブ」のみなさん

ぜひ全国各地の仲間たちもつれて、公園に遊びにきてください!そして一緒に公園をつくりましょう。公園づくりを通じて仲間が増えることが、この公園の魅力ですから。

19番目の大阪府営公園として2014年8月にオープンした、泉佐野丘陵緑地。この5年前に、公園づくりを担うボランティアを養成する「パークレンジャー養成講座」が開講されました。そして翌年に、講座を修了したレンジャーたちにより設立されたのがパーククラブです。養成講座は毎年開講され、パーククラブは現在、約100名の規模に。studio-Lはこの講座の開講当初からお手伝いしています。10周年に向けたカウントダウン、90日前の今回はパーククラブの皆さんを紹介します。

はじまりは、竹やぶとの戦い。

泉佐野丘陵緑地の特徴は、豊かな自然。しかしパーククラブが活動を開始したころは、公園予定地は竹やぶに覆い尽くされていました。大阪府とともに現地調査を重ね、竹を伐採することからスタート。道をつくり、広場をつくり、草花や樹木を保全しながら、タケノコ堀りイベントなどのプログラムもつくってきました。この公園には遊具がなく、人と人との交流や、自然と触れあうことを大切にしています。オープン後の現在も、公園の整備はもちろんのこと、竹林や草花、棚田をいかしたイベントの企画にもとりくんでいます。

この公園が大切にしているのは、「みんなでつくる」「つくり続ける」こと。

この公園は西地区・中地区・東地区に分かれており、今回オープンしたのは中地区ですが、実はまだ、全体の4分の1ほど。中地区も整備途中であり、パーククラブも新しい道づくりに取り組んでいます。オープンするまではパーククラブと大阪府のみで整備を進めてきましたが、今は一般参加も招いて活動しています。みんなで一緒に、つくり続けることを楽しむ。これが最大の特徴です。

パーククラブの皆さんから、studio-Lにひとこと。

10周年、おめでとうございます。パーククラブも5周年、お互いに節目の年となりましたね。ぜひ全国各地の仲間たちもつれて、公園に遊びにきてください!そして一緒に公園をつくりましょう。公園づくりを通じて仲間が増えることが、この公園の魅力ですから。

==================================

泉佐野丘陵緑地パークマネジメント支援
studio-L担当:山崎、神庭、西上、渡辺
場所:大阪府泉佐野市上之郷90番地
WEB:http://izumisano-kyuryo.jp/

map_izumisano