これから塾&つながる塾(北海道)

studio-L10周年特別企画!各地のみなさんをご紹介!
–北海道沼田町より「これから塾」「つながる塾」のみなさん

私も含め、住民自ら「やろう」という気持ちが芽生えました!

北海道沼田町は、北海道のほぼ中央、空知管内の最北部に位置し、山は青く水は清い豊かな自然につつまれ、お米をはじめとする農業が中心の町です。studio-Lは沼田町で、「沼田町農村型コンパクトエコタウン構想」を検討するワークショップ「これから塾」「つながる塾」をお手伝いしました。studio-L10周年6日前の今回は、「これから塾」「つながる塾」から発足した「ほのぼのチーム」のみなさんをご紹介します。

地域医療コミュニティカフェが発足

“「これから塾」「つながる塾」では、コンパクトエコタウン構想の計画地で活動するチームが生まれました。そのひとつ「ほのぼのチーム」で事務局をしている荒川です。写真は、チームの活動である地域医療コミュニティカフェの一コマです。沼田厚生クリニックの鳥本院長を中心に取り組んでいます!”

荒川さんの思う、沼田町の魅力!

“私が思う沼田町の魅力は、人が「♪あったか~いんだからぁ~」ということでしょうか!最近思うのは、山菜が豊富でおいしいことです。”

食堂を兼ね備えた2号店を開きたい!

“「これから塾」「つながる塾」では、studio-Lのみなさんにチームの立ち上げに大変な協力をいただき、そのおかげで今を迎えています。私も含め、住民自ら「やろう」という気持ちが芽生えました!地域医療コミュニティカフェの2号店を開きたいと思っています。地元の農産物を生かして食堂を兼ね備えたカフェなんて最高です。”

studio-Lにひとこと!

“studio-LがLargestになることを応援しています!”

===========================
沼田町コンパクトタウンプロジェクト
studio-L担当:山崎、西上、山本
場所:北海道雨竜郡沼田町
WEB: http://www.town.numata.hokkaido.jp/section/seisaku/ujj7s30000000efd.html

map_numata

35歳REALあるある!(大阪府)

studio-L10周年特別企画!各地のみなさんをご紹介!
–大阪府より「35歳REALあるある!」のみなさん

「ある日の他人事は翌日の自分ごとになる」と、物事の捉え方が広くなりました。

「35歳REALあるある!」は、住居、子育て、福祉介護、退職などのこれから向かえるライフイベントを自分ごととして考えていくための見学ツアー&ワークショッププログラムで、2013年10月から、5回シリーズのイベントを開催しました。studio-Lでは、「35歳REALあるある!の企画チームのみなさんと一緒にイベントの企画・運営をさせていただきました。

あるある企画チームは、仕事で培った経験やスキルを社会貢献に活かす大人の社会貢献活動、プロボノのプロジェクトを運営しているNPO法人サービスグラントの岡本さん、いろんな人に福祉を自分事に考えてもらい、福祉にかかわる人がつながりあい、ポジティブになるための活動をしているNPO法人日常生活支援ネットワークの椎名さん、コンセプトシェアハウス運営や商店街空き店舗活性化のお手伝いなど、社会的問題を人と人との関わり、分かち合い、助け合いによる解決を目指しているNPO法人ソーシェアの東村さん、與田さん、宮口さん、フリーライターの植田さんという多彩なメンバーです。
studio-L10周年、7日前の今回は、「35歳REALあるある!」の企画チームのみなさんにお話を伺いました。以下、みなさんよりいただいたお話をご紹介します。

あるある企画チーム発足!

“福祉のプロジェクトを立ち上げるので関西の福祉分野で活躍している方を紹介してほしいと、studio-Lの林さんから相談を受けたのをきっかけに、今回のREALあるあるシリーズの企画が立ち上がりました。林さんはサービスグラントのプロボノワーカーとして参加して下さったのがもともとのご縁でした。これまで築いてきた点のご縁がさらに線に、面に発展し、また企画内容の特性上、色々な課題解決の主体であるゲストをお呼びすることでまたさらに学びと出会いの多いプロジェクトに至ったことがとても嬉しいです。”(NPO法人サービスグラント 岡本さん)

テーマは「福祉を自分事に」

“僕のコミュニティは大阪の障がい者分野や地域福祉分野です。このコミュニティのすごいところは所属組織や活動内容、年齢やキャリア関係なく、公私共々つながっています。それが震災での被災障がい者救援活動という有事の際も機能します。あるあるは、そんな「地域福祉」分野について、福祉に普段あまりふれることのない人たちに意識してもらう試み。「福祉を自分事に」を合言葉に、メンバーが30代半ばだったこともあり、35歳の自分たちがこれから歳を重ねていくなかで直面する<仕事や家族と福祉>をイメージして学んでいくプログラム「35歳REALあるある!」をつくりました。”(NPO法人日常生活支援ネットワーク 椎名さん)

「35歳REALあるある!」イベントを通して

“「ある日の他人事は翌日の自分ごとになる」と、物事の捉え方が広くなりました。生きて行く中で日々感じるモンモンも大事に、「想像をして情報を得る努力」が自分も周りの人の助けになることに勇気を得ました。そして、色々な不測の事態に対してもなんらかそれを解決しようと奮闘し活動しているNPOや行政や人がいるということが学べたことで、将来に対してもよりポジティブになれました。”(NPO法人サービスグラント 岡本さん)

“イベント運営の大変さ、実現することの難しさを「集合知」「人間力」で解決していきました。様々な課題を「気付き」という事で心に留めてゆく事を実行していったことは素晴らしかったです。”(NPO法人ソーシェア 宮口さん)

“林さんとおやまんの掛け合い、会話がいつも大変おもしろく、楽しませてもらっていました。おやまんのにやにや笑いに林さんのつっこみが基本構成のプロジェクトだったかと。”(NPO法人ソーシェア 與田さん)

studio-Lにひとこと!

“愛もアイディアもLサイズ。何よりもメンバーが素敵で、人を動かす源泉は人なんだと教えられます。Next decadeも日本のモデルケースを更にたくさん生み出す源泉でいて下さい!” (NPO法人サービスグラント 岡本さん)

“東日本大震災や社会の仕組みが変わっていく10年のなかで、studio-Lさんの活動は本当に多くの方々を励まし、普段の暮らしのなかにあるたくさんの大切なことを気付かせてくれました。これからも地域や分野問わず、コミュニティに寄り添う活動を続けていってください。”(NPO法人日常生活支援ネットワーク 椎名さん)

===========================
35歳REALあるある!
studio-L担当:小山、林
場所: 大阪府
facebook:35歳REALあるある!

NPO法人サービスグラント:http://www.servicegrant.or.jp/
NPO法人日常生活支援ネットワーク:http://www.e-sora.net/party2/
NPO法人ソーシェア:http://www.soshare.jp/about.php

高浜市しあわせづくり計画(愛知県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
– 愛知県高浜市で、まちの計画づくりに取り組む榊原さん

「自分ごと」として、まちの今とこれからを想う人を増やしたい!

高浜市は、愛知県中部に位置する市。現在、市民の皆さんが幸せを感じ、ずっと住み続けたいと思えるまちにしていくために、市民一人ひとりが主体的にまちづくりに取り組めるような計画づくりを進めています。私たちは市職員の皆さん向けの勉強会や、その後開かれる市民の皆さんを交えた話し合いの場の運営をお手伝いさせていただいています。studio-L10周年8日前の今日は、行政と市民、そして市民同士を LINEのようにつなぐ市職員チーム「T-LINE」の事務局をなさっている榊原さんのお話をご紹介します。

まちへの想いがあふれる高浜市

“市民の皆さんと一緒に「いつまでも住み続けたい高浜市」を実現するための『しあわせづくり計画』の策定に取り組んでいます。今日は、まちのPR大使として、T-LINEを代表して登場しました!高浜市は、市の面積が約13㎢と小さなまちですが、だからこそ大きなまちにはない、市民同士や市民と行政の強いつながりや近い距離感があります。自分のまちを良くしたいという想いにあふれているんです!”

とりめしがオススメ!

“高浜市に来たら、養鶏業が盛んな高浜市ならではの郷土料理「とりめし」をぜひ食べてみてください。高浜とりめし学会のB-1グランプリにも出展している、コクのある混ぜご飯です。おいしいですよ〜!”

studio-Lにひとこと!

“今回の計画づくりを通じて、自分の住むまちのことを「私のまちでは」「私はこうなってほしい」と、他人事ではなく「自分ごと」として、まちの今とこれからを想う人が少しでも増えるといいなと思っています。これからも、みんなが「あっ!!」と驚く発想を生み出す素敵なまちづくりのパートナーでいてくださいね。”

===========================
高浜市しあわせづくり計画策定
studio-L担当:山崎、小山、太田
場所:愛知県高浜市
WEB:http://city.takahama.lg.jp/grpbetu/seisaku/shigoto/kenkyujyo/

map_takahama

はじまりの美術館(福島県)

studio-L10周年特別企画!各地のみなさんをご紹介!
–福島県猪苗代町より「はじまりの美術館」のみなさん

長年愛されてきた蔵が、たくさんの方のご協力を経て、生まれ変わりました

福島県猪苗代町は、福島県のほぼ中央に位置します。猪苗代湖や磐梯山などの自然に囲まれ、「三泣き」と言われるほど人情に厚い土地です。studio-Lは猪苗代町で、アール・ブリュットの美術館オープンに向けて、地域のみなさんと美術館をつくるお手伝いをしました。studio-L10周年9日前の今回は、「はじまりの美術館」のみなさんをご紹介します。

磐梯山と猪苗代湖の自然の恵みたっぷりの町

“猪苗代町はおいしいものも自然もたくさんあります。猪苗代に来たら、ソースかつ丼、笹だんごはぜひ食べてもらいたいです。磐梯山や猪苗代湖などの自然、松明行列なども守っていきたい風景です。そば打ち体験や磐梯山の登山はおすすめです!”

百年余り愛されてきた蔵を美術館に

“「はじまりの美術館」は、使われている太い梁が山から運ばれる際、辻を曲がりきれずに十八間(約33m)の長さに伐られたという逸話を持つ十八間蔵をリノベーションした美術館です。明治・大正・昭和・平成と時代の移り変わりを130年あまり見つめ、酒蔵・ダンスホール・縫製工場など、用途を変えながら猪苗代町の方に愛され続けてきました。東日本大震災で大怪我を負いつつ持ちこたえ、町の新たな起点となるべく、たくさんの方のご協力を経て、生まれ変わることができました。”

芸術はみんなのもの

“アール・ブリュットとは、伝統や流行、教育などに左右されず、自身の内側から湧きあがった芸術表現のことを指します。芸術は限られた人だけのものではなく、みんなの中にあるものです。誰もがなにかに心動かされ、なにかを表現しています。この美術館に集いながらこれらを感じとっていただけたらと思います。”

studio-Lにひとこと!

“studio-Lのみなさんは例えるなら「触媒」でしょうか。みなさんと一緒にプロジェクトを進める中でつながりを持った方々を軸に、その環は広がり続けています。(岡部さん)”

“10周年おめでとうございます。50周年目指して頑張ってください!(広報部長の岡田ひなちゃん・小学4年生)”

===========================

はじまりの美術館 コミュニティデザイン事業
studio-L担当:西上、出野、恋水
場所:福島県耶麻郡猪苗代町
WEB:http://www.hajimari-ac.com/

map_inawashiro

譜久山病院新築プロジェクト(兵庫県)

studio-L10周年特別企画!プロジェクトに関わってくださった地域の皆さんをご紹介!
– 兵庫県明石市より、譜久山病院の譜久山剛先生と仁先生

「またきてね」と言える地域に開かれた病院の開設を目指して

兵庫県南部の明石市にある譜久山病院では、「病気の時だけではなく元気な時でも、まちの中で役に立てる新しい病院づくり」に取り組んでいます。studio-Lでは病院とまちをつなぐしくみづくりや、院内ワークショップの開催などでお手伝いをさせていただいています。10日前の今日は、譜久山病院の院長である譜久山剛先生と、仁先生にお話を伺いました。

譜久山病院の取り組み

“ふくやまつよしとひとしです。漫才コンビではありません。譜久山病院です。『またきてね』と言える、地域に開かれた病院を3月から着工します。28年秋、新しい駅の前にできる新しい病院。完成を楽しみにしてください。普段の取り組みとしては、病院で使う食材を地元産にしていこう、という『里山資本主義実践講座』と、待合室に蔵書を開き、本でまちがつながる活動『まちライブラリー』と、地域の医療機関をつなぐ『西明石在宅医療研究会』などをしております。”

「すこやカフェ」

“山崎亮さんはじめ、とても元気のいい、気持ちのいい、アイディアにあふれる、義理堅い、努力家のみなさんの集まりです。譜久山病院スタッフもみなさんとの打ち合わせをいつも楽しみにしています。
studio-Lとは譜久山病院関連のすこやかクリニックをまちに開放する『すこやカフェ』を開催しました。演奏会や講演会などこれからも続けていきます。新病院では住民の方々とのワークショップを予定しております。楽しみです。”

「明石の昼網」新鮮な魚介類と野菜が美味しい!

“明石は都会ではなく、すんごい田舎でもなく、ちょうど住みやすい地域と思ってます。明石の昼網、という言葉もあるぐらい新鮮な魚介類と野菜が美味しい地域です。ぜひ、お越しください。一緒にお寿司食べましょう。”

studio-Lにひとこと!

“山崎さんとお知り合いになってから、新しい病院を作るときはぜひ一緒に!とお願いしておりました。自分たちだけでは思いつかなかったアイディアをいただいたり、スタッフから引き出してもらったり。本当に感謝です!”

===========================

譜久山病院新築プロジェクト
studio-L担当:山崎、西上、丸山
場所:兵庫県明石市
WEB:http://www.fukuyama-hp.jp/

明石市地図