東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科(山形県)

studio-L10周年特別企画!各地のみなさんをご紹介!
–山形県山形市より、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科2年生の牧野さん

2014年4月に新設された、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科。studio-L代表の山崎が学科長を務め、コミュニティデザイナーの後進を育てています。studio-L10周年、1日前の今回は、コミュニティデザイン学科1期生の牧野さんにお話をうかがいました。

先生方、studio–Lのスタッフのみなさん、そしてこれからお世話になるかもしれない全国のみなさん、ご期待に添えるよう頑張りますので、今後とも叱咤激励のほどよろしくお願いします。

東北でコミュニティデザインを学ぶ。
コミュニティデザイン学科2年の牧野秀紀と申します。コミュニティデザイン学科は現在、1期生は35人、そして今年新たに入学した2期生32人の総勢67人の所帯です。大学がある山形は、自然が豊かであることに加えて、食べ物も美味しいという恵まれた環境にあります。また、地域課題が山積する東北は、コミュニティデザインを学ぶ上で最高のフィールドでもあるのです。

大学の外にも出て、現場で学ぶ。
そんな最適な環境で、山崎亮学科長をはじめ、studio-Lのスタッフでもある学科専任の先生方の授業を日々受けています。1年生では、コミュニティデザインの基本となることを学びます。そして2年生になったら、1年生のときに学んだことを実際に地域に出て実践していきます。ときには先生方の持たれているプロジェクトに私たち学生もお手伝いとして関わることもあります。このように、座学をはじめとした研究だけでなく、実践を交えながら大学の内外で私たちは学びを得ています。

コミュニティデザイナーを目指して。
そんな私の目標は、先生と一緒に働けるようになることです。現場で活躍されている先生のようなコミュニティデザイナーを目指しています。そして将来の夢としては、浜松に恩返しをすることです。これまで育ててきてもらった地元への郷土愛は並々ならぬものがあります。そういった思いを胸に、大学での学びに励んでいます。

日本で初めてのコミュニティデザイン学科生として。
これから私たちコミュニティデザイン学科では、3期生、4期生と仲間を増やし活動の幅を広げていきます。日本で初めてのコミュニティデザイン学科生としての誇りを大切にすると同時に、熱心な先生方のご指導に感謝しています。先生方、studio–Lのスタッフのみなさん、そしてこれからお世話になるかもしれない全国のみなさん、ご期待に添えるよう頑張りますので、今後とも叱咤激励のほどよろしくお願いします。

===================================
東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科
studio-L担当:山崎、醍醐、岡崎、出野、丸山
場所:山形県山形市
Web: http://www.tuad.ac.jp/communitydesign/
01geikoudaimap

むつ市市民会議(青森県)

studio-L10周年特別企画!プロジェクトに関わってくださった地域の皆さんをご紹介!
– 青森県むつ市より、市民協働まちづくり会議事務局の山崎さん

「つながるまち」の実現を目指して!

青森県の下北半島に位置するむつ市では、市民参画のもと協働で進めるまちづくりをどのように推進していくか検討する「市民協働まちづくり会議」を開催しています。平成26年度はstudio-Lもアドバイザーとして支援をさせていただきました。12日前の今日は、むつ市役所市民連携課で市民協働まちづくり会議の事務局の山崎さんにお話を伺いました。

「市民協働まちづくり会議」

“青森県むつ市役所市民連携課の山崎です。市民協働のまちづくりを推進するため、市が設置した市民協働まちづくり会議の事務局を務めています。委員の皆さんと一緒に、楽しみながら市民協働のまちづくりを実践しています。
現在まちづくり会議では「つながるまち」の実現を目指して、各種団体の情報を発信・共有を図りながら多様な主体をつなげあい、イノベーションを誘発するような「まちづくりプラットホーム」の運営に取り組んでいます。”

「まちづくりプラットフォーム構想」

平成26年度から市民協働まちづくり会議のアドバイザーを醍醐孝典さんに務めてもらっています。コミュニティデザインの考え方や様々な事例を紹介していただきながら、「まちづくりプラットホーム」の構想等を検討し、今年度は試験運用に取り組んでいます。”

studio-Lとの出会いのきっかけは…?

市民協働まちづくり会議のアドバイザーとして、コミュニティデザインに関する知見やノウハウを有する外部の専門家を招へいしたいと思ったことがきっかけです。ちょうど、醍醐孝典さんを総務省の外部専門家招へい事業により招へいできることがわかり、即依頼しました!
 ほぼ毎月醍醐さんに来てもらっていますが、醍醐さんは本当に「ホタテ」や「ウニ」など、海産物が大好き。今年もむつ市のおいしい海産物を、たらふく食べてもらいます!

日本三大霊場「恐山」はこの世にいながらあの世の風景!

“本州の「てっぺん」青森県下北半島に位置するむつ市は、豊かな海の幸と山の幸が豊富です。また、日本三大霊場の一つに数えられる「恐山」があり、「この世」にいながら「あの世?」に近い風景を見ることができます。さらに、「釜臥山」の展望台からの夜景は「夜のアゲハチョウ」と例えられます。皆さんぜひむつ市へお越しください!”

studio-Lにひとこと!

“20周年を迎える時までには、studio-L「mutsu」が開設されていたらうれしいです!”

===========================

むつ市市民協働まちづくり会議支援事業
studio-L担当:醍醐
場所:青森県むつ市
WEB:http://www.city.mutsu.lg.jp/

むつ市地図_

青山を元気にする会議(三重県)

studio-L10周年特別企画!各地のみなさんをご紹介!
–三重県伊賀市より「青山キャラバン先生」のみなさん

「青山を元気にする会議」が、地域の子どもたちを大切に想う仲間たちをつないでくれたことに心から感謝しています!

三重県伊賀市青山地域は、2004年に伊賀市と合併した旧青山町にあたります。伊勢へと続く初瀬街道沿いの宿場町として栄えてきた町並み、そしてその周辺には豊かな自然が広がり、ホタルやオオサンショウウオを見ることもできます。studio-Lは青山で、青山公民館を中心として地域づくりの担い手を増やすことを目指して「青山を元気にする会議」に取り組みました。studio-L10周年13日前の今回は、その会議から生まれたチームである「青山キャラバン先生」のメンバー、上迫直生(うえさこ・なおき)さんのお話をご紹介します。

運命的な出会いで青山に移住

“私は青山町に3年前に来て、青山町で子ども専門の乗馬クラブを営んでいます。出身は福岡で、高校時代は馬術部に所属、卒業後は競走馬の育成や乗馬クラブなどに勤務し、まさに馬漬けの人生を歩んできました。乗馬クラブに勤務しているときに子どもたちへの乗馬指導を行っているうちに、「もっと乗馬を子どもたちに身近に感じてもらいたい」と強く思うようになりました。そして独立できる場所を探しているうちに現在の場所と運命的な出会いをします。(この辺は話すと長くなりますので…。) ”

青山を誇れる子どもたちを育てたい!

“乗馬だけに限らず、地元の子どもたちにとって魅力的な地域づくりをしたいと思っていた時に、「青山を元気にする会議」に参加しました。そこで、『青山を誇れる子どもたちを育てよう!』という思いを持った仲間と出会い、「青山キャラバン先生」を結成しました。キャラバンのように町を巡りながら、竹細工教室やどろんこ田植え体験、稲刈り体験など、青山の自然の中での遊びを子どもたちに伝えています。”

地元のおっちゃんと楽しんで活動しています

“私のようによそから来た人間が、一つの想いを共有して、地元の人と何かをするのは簡単なことではありません。「青山を元気にする会議」が、地域の子どもたちを大切に想う仲間たちをつないでくれたことに心から感謝しています!「青山キャラバン先生」の活動を通して、自分たち自身が楽しみながら、青山の魅力やおもしろさを伝え、子どもたちの笑顔を増やしていきたいです。地元のおっちゃん(ごめんなさい。笑)と何かするのはメチャ楽しいです!”

studio-Lにひとこと!

“10周年おめでとうございます!studio-Lの方は若い方が多く、「熱い」想いを持って仕事に取り組んでおられると思います。地元の個性的なおっちゃんたちにいじられているstudio-Lメンバーを見ていて、大変だな~と思いました(笑)これからも魅力ある地域づくりのために尽力されてください!応援しています!…また青山のおっちゃん軍団にいじられにきてください(笑)”

===========================
伊賀市青山公民館活性化事業
studio-L担当:西上、佐谷
場所:三重県伊賀市青山
WEB:http://aoyama.igaueno.net/

map_iga

なでラボ(ながくてできたてラボラトリー)(愛知県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–愛知県長久手市より、若手市民と若手長久手市職員が一緒になって取り組む市民ワークショップ「ながくてできたてラボラトリー」のみなさん

ワークショップでともに考え、学び、悩むうちに、毎日のごはんを考えるように、「気づいたら、まちのこと考えてる」ようになりました。

長久手市は名古屋市の東側にあり、面積は硫黄島より小さいコンパクトな町です。名古屋や豊田へのアクセスの良さも手伝って、今でも人口は順調に増えており、住民の平均年齢は日本一若い37.7歳!しかしながら、日本全体は人口減少時代を迎えており、いずれ人口が減っていくことは確実。「気づいたときにはもう遅い」とならないよう、今から発想を変えていくために、20代から40代の若手市民と若手長久手市職員が一緒になって取り組む市民ワークショップ、「な」がくて「で」きたてラボラトリー「なでラボ」をスタートしました。studio-Lでは、「なでラボ」における市民ワークショップのサポートや運営のお手伝いをさせていただいています。
studio-L10周年、14日前の今回は、長久手市たつせがある課の長谷川さんにお話を伺いました。以下、長谷川さんよりいただいたお話をご紹介します。

まちづくりチーム「なでラボ」

“市民の方に居場所、役割がある(=たつせがある)まちづくりを、日々楽しみ、悩みながら進めています!その中で誕生したのが、若手市民と職員のまちづくりチーム「なでラボ」です。”

テーマは、20年、30年後の長久手の理想のくらし

“2013年からプロジェクトがスタートし、studio-Lのみなさんと、新しい時代の市民協働のしくみづくりを一緒に取り組んできました。今まで、出会うことのなかったまちの若者たちが「なでラボ」を通して出会い、ワークショップでともに考え、学び、悩むうちに、毎日のごはんを考えるように、「気づいたら、まちのこと考えてる」ようになりました。いつかは、まちに住む人全員がこうなるように、なでラボが仕掛けていきます!
今は、20年、30年後の長久手の理想のくらしを実現するための、楽しくて、新しい!プロジェクトを企画中です!”

studio-Lにひとこと!

“studio-L代表の山崎亮さんのご実家は長久手市!
そんな長久手にstudio-N作ります!!!!10年後は、studio-Lのライバルです!”

===========================
なでラボ
studio-L担当:醍醐、林、太田
場所: 愛知県長久手市
facebook:https://www.facebook.com/nadelabo
014_nagakutemap-01

河内長野市「人づくりから始まるまちづくり」プロジェクト(大阪府)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
–大阪府河内長野市より、地域の課題を市民とともに解決していく「地域サポーター職員」のみなさん

一歩一歩。市民と行政のパートナーシップをつないでいきたい。

今、全国で、積極的に地域に飛び出す自治体職員が増えています。
大阪府河内長野市では、市役所職員が、地域の課題を市民とともに解決していく「地域に求められる職員」となるため、公募により選ばれた地域サポーター職員や市の将来を担う若手職員を対象とした研修を実施しています。studio-L では2011年から4ヵ年、職員研修プログラムを企画・開催しました。studio-L10周年、15日前の今回は、河内長野市の地域サポーター職員の東さん、市民協働課職員の山田さんにお話を伺いました。以下、東さん、山田さんよりいただいたお話をご紹介します。

地域に学び、地域とともに、地域の課題解決に向け、取り組んでいます

“河内長野市役所の地域サポーターの東です。山崎亮さんをはじめ、studio-Lの多士済々の皆さんから受けたたくさんの刺激を、地域での活動に応用しています。地域サポーターは、日々、試行錯誤の連続ですが、住民の皆さんと一緒に、「みんなで一緒につくるまち」に向けて取り組んでいます。” (東)

研修事業を通して

“studio-Lの皆さんには、「人づくりから始まるまちづくり」プロジェクトと題して、市民側・行政側双方の人材育成に支援いただいています。講座の受講者が地域の核となり、研修を受けた地域サポーター職員が地域に飛び込み、ともに活動を展開しています。まだまだ、活動する市民も職員も一部に限られますが、着実に一歩一歩前に進んできました。この可能性をさらに広げて、市民と行政のパートナーシップを構築し、次世代へとつなげていきたいです。” (山田)

studio-Lにひとこと!

“studio-Lの10周年のうち、かれこれ5年くらいはお付き合いさせていただいています。梅田の事務所の階段の幅がとても狭くて、こけかけました。何度も通った思い入れのある場所でした。あの階段を思い出すたびに、一段一段ゆっくりと確認しながら上がることの大切さを考えさせられます。1段とばしで上がろうとすると絶対にこけますから。” (東)

===========================
河内長野市「人づくりから始まるまちづくり」プロジェクト
studio-L担当:醍醐、村岡、林、太田
場所: 大阪府河内長野市
WEB:http://www.city.kawachinagano.lg.jp/

015_kawachimap-01

とちぎ未来創造会議(栃木県)

studio-L10周年特別企画!プロジェクトに関わってくださった地域の皆さんをご紹介!
– 栃木県より、栃木県庁職員の三村さん

県内各所でアツい人たちが、つながりながら大きな渦を作り出している

平成25年、栃木県にて県内の自治体若手職員や民間の観光関係者、NPO関係者など多様な人材が参加し、栃木県の未来につながるアイデアを出していく「とちぎ未来創造会議」が開催されました。studio-Lでは会議の運営支援でお手伝いさせていただきました。18日前の今日は、栃木県総合政策部地域振興課の三村さんにお話を伺いました。

とちぎの人って、実はスマートでセンスがいい!

“栃木県総合政策部地域振興課の三村です。普段はまちづくりに関する様々な活動の支援や、県内のネットワークづくり、UIターンでチャレンジする人を増やすため取組などを進めています。
地味とか、印象薄いとかいわれる栃木県ですが、実は、県内各所で様々な人がアツい想いをカタチにする活動を起こし、また、それぞれが繋がりながら、大きな渦をつくろうとしています。とちぎの人って、実はスマートで、センスがいい(自画自賛)。「心地よく過ごせる空間」が、とちぎには沢山あふれています。
是非、そんな人達に会いに、とちぎに遊びにきてください!”

「とちぎ未来創造会議」

“studio-Lさんと一緒に、県内外の様々なまちづくりプレイヤーが集い、とちぎの未来を創っていくためのアイデアや、それを実践する人材やチームを育成することを目的とした「とちぎ未来創造会議」を運営しました。徹底的なヒアリングと、本当に多様な人材の参画。よいプロジェクトを進めるためには、入念な事前調査やプロセスデザインが重要であること(そして、それを参加者に意識させないくらい自然に行うこと)を身をもって実感しましたし、なにより、参加者同士が深く繋がることができたことで、お互いの想いや知見、スキルが共有され、この会議をキッカケとした新たな取組がうまれています。”

「おかざき祭り」

“studio-L茂木(現山形)の岡崎エミさんには本当に色々助けていただきましたし、逆に助けもしました(笑)。
岡崎さんが東北芸術工科大学の准教授着任のため昨年とちぎを離れる際に行われた送別会、通称「おかざき祭り」は、県内のキーマン大集合で異様な盛り上がりを見せ、今後とちぎの恒例行事として毎年開催される予定です!”

studio-Lにひとこと!

“次の10年も、新しい動きを起こしまくってください!”

===========================

とちぎ未来創造会議運営支援
studio-L担当:岡崎
場所:栃木県
WEB:http://www.pref.tochigi.lg.jp

栃木県地図

とちぎ観光リーダー育成塾(栃木県)

studio-L10周年特別企画!プロジェクトに関わってくださった地域の皆さんをご紹介!
– 栃木県より、栃木県庁職員の福田さん

キーマンがつながり、県内外で様々な観光まちづくりの取組が起こり、更に輪が広がっていく、よい流れができました

栃木県では、これからの観光まちづくりにおいて、地域のリーダーとして活躍する人材を育成するために、平成25年度より「とちぎ観光リーダー育成塾」の開催を行ってきました。studio-Lでは塾の運営支援などでお手伝いさせていただきました。19日前の今日は、栃木県庁観光交流課でとちぎ観光リーダー育成塾を担当していた福田さんにお話を伺いました。

栃木観光リーダー育成塾

“栃木県庁観光交流課にて「とちぎ観光リーダー育成塾」を担当していた福田です。現在は、ほかの部署に異動しましたが、「とちぎ観光リーダー」の皆さんとの交流を重ねています。
とちぎ観光リーダー育成塾に参加した旅館の女将さん、若旦那、若者に人気のカフェやアウトドアスポーツ会社のオーナー、自治体職員など、多彩な「観光リーダー」が、塾でのつながりを活かして、各地で観光まちづくりや栃木の魅力発信など大活躍しています。県庁でも、新たに「とちぎファンクラブ事業」が始まりました。”

口下手だけど、来た人をもてなす温かい県民性は折り紙つき!

“印象が少し薄いと言われるとちぎですが、美しい里山や世界遺産、美味しい食など豊かな資源に恵まれ、都会にも近いとちぎは、何度も訪れてみたくなる土地です。口下手ですが、来ていただいた人をもてなす温かい県民性は折り紙つきです!”

studio-L MOTEGIの「岡崎さん」

“栃木県茂木町のstudio-L MOTEGIに「岡崎さん」というキーウーマンが存在し、「とちぎ観光リーダー育成塾」の初年度受講生として御参加いただきました。そこから、2年目以降の塾の発展は、岡崎さんとの二人三脚で成し遂げられたものでした。”

キーマンがつながり、輪が広がる良い流れができた

“「とちぎ観光リーダー育成塾」の運営にともに取り組んだ2年間によって、各地各分野で活躍してきたキーマンが繋がって、そのネットワークを通じて、県内外で様々な観光まちづくりの取組が起こり、更に輪が広がっていく、よい流れができたと思います。”

studio-Lにひとこと!

“高齢化・人口減少が進む中で、そこで暮らす人々自身が持続可能な地域づくりに向けて動き出すために、studio-Lの存在がますます重要になると思います。期待しています!”

===========================
とちぎ観光リーダー育成塾運営支援
studio-L担当:岡崎
場所:栃木県
WEB:http://www.pref.tochigi.lg.jp

map_tochigi

つばめ若者会議(新潟県)

studio-L10周年特別企画!プロジェクトに関わってくださった地域の皆さんをご紹介!
– 新潟県燕市より、つばめ若者会議の皆さん

楽しみながら、悩みながら、でも前向きに笑顔で!

ものづくりの町として、金属加工が盛んな燕市。産業の歴史に強く影響を受けている背脂ラーメンや、洋食器なども有名です。燕市では2013年より「若者自らが暮らし、そして、子どもたちに引き継ぎたい20年後の燕市はどんなまちがよいか?」を語り合い、その実現のために行動していく概ね39歳以下の若者が中心となって、「つばめ若者会議」の運営を行ってきました。studio-Lでは若者会議での運営支援や、ワークショップなどのお手伝いさせていただきました。20日前の今日は、つばめ若者会議に参加する樋口さん、真島さん、捧さん、今泉さんと事務局の河合さんにそれぞれお話を伺いました。

20年後の燕を楽しみに、活動を継続していきたいです

“つばめを良くしたいという共通の思いを持った皆さんと、色々な視点からの活動を行っています。これからも20年後のつばめを楽しみにしながら活動を継続していきたいです。(真島)”

新潟の人は物静かであまり表に立とうとしない、でも地域への思いはとてつもなく強い!

“新潟は「帰ってきたなぁ・・・と思える場所」です。山も川も海も、街も村も、そこで暮らす人々も、昔からある日本の原風景が凝縮された地域だと思います。特に人に関しては「物静かであまり表に立とうとしない、でも地域への想いはとてつもなく強い」という人たちが多く、世界から見た日本のイメージと似ているような気がします。もし、そういう人たちが地域ごとに集まり、各地域が協力し合えたなら、日本どころか、世界にも発信できる素晴らしいポテンシャルを秘めている、と勝手に信じています。最近、首都圏で暮らす知人からこんなことを言われました。「最初は魅力がわかりにくいけど、新潟はジワジワ来るんだよね」きっと、皆さんの心にある原風景に新潟は訴えかけているからではないでしょうか。(樋口)”

燕といえば、背脂ラーメン!

“燕といえば、やっぱり背脂ラーメン。素敵なマスターが居るスナック、デラックス。そして、昭和臭漂う純喫茶ロンドン。完全に胃袋をつかみます!笑(捧)”

地域の若者が参加するきっかけづくりのイベントを開催

“生まれ育った土地への愛を感じる、これ位なら、こんなコトなら出来るかも・やってみたい!という若者のきっかけづくり、そんなイベントを不定期に開催しています。(今泉)”

「つばめステッカー」

“岡崎さんには特につばめステッカーを通じて沢山の素敵な方々と引きあわせていただきました!全国には自分たちが住むまちを楽しくしたいと思っている面白い方が沢山いることを知れましたし、そんな皆さんと出逢えて自分自身も楽しむことが出来たし、頑張ろうと思えるし、前向きになれました!!とっても感謝しています。ありがとうございま〜〜〜す!!!(捧)”

studio-Lにひとこと!

“10周年おめでとうございます!燕市では、studio-Lさんと出会えた事で若者の活躍が目立ちはじめています。これからも全国各地における地域づくりの良きアドバイザーとしてのご活躍を祈念いたします。(河合)”

===========================

燕市つばめ若者会議運営支援
studio-L担当:岡崎、醍醐、小山
場所:新潟県燕市
WEB:http://tsubame-wakamono.com/

map_tsubame