084_ohitashi

大分駅 鉄道残存敷利活用プロジェクト(大分県)

studio-L10周年特別企画!地域の皆さんをご紹介!
– 大分県大分市で、まちを元気にするイベントづくりに取り組む企業「Knot Factory」の茅嶋さん

子どもから大人まで、誰もが楽しいと思える空間づくりを!

今年4月に駅ビルが開業。駅を中心とした南北軸も整備され、今話題の大分駅周辺エリア。でも実は大分駅周辺の動きはまだまだこれだけではありません。高架化した新しい線路に沿って東西に伸びる長い緑地空間。ここは元々線路だった「鉄道残存敷」。高架化によって新しく生まれたこの公共スペースをどのように活用していくか、大分に住む皆さんと一緒に使い方を考えるプロジェクトにstudio-Lも関わらせていただいています。目指すはニューヨークにある「ハイライン」のような、住んでいる人々に愛される空間。東西に伸びる「細長いまち」をつくるため、今年も大分の皆さんと一緒に頑張っていきます。そしてstudio-L 10周年、84日前の今日は、そのプロジェクトでお世話になっている地元企業「Knot Factory」の茅嶋さんのお話をご紹介します。

まちなかに元気と楽しさを生み出す

“大分を拠点にして、イベントづくりに取り組んでいます。アカペラや大道芸のイベントが得意です。コミュニティデザインとエンターテイメントとを掛け合わせて、まちなかに元気と楽しさを生み出しています。今年からは、大分だけでなく全国の地域に活動を展開していきたいと思っています!”

スタッフだけでなくお客さんも一緒に

“僕らは、自分たちスタッフだけでなくお客さんも一緒になってイベントを創り上げてもらうことを大切にしています。その方が何倍も楽しいですし、感動的なんです。イベントが無事に終わった後の打ち上げ会も楽しみのひとつ。我が家のような居酒屋「はなぶさ」が大のお気に入りです。ここのヒラメと鴨鍋は絶品ですよ!”

夏と冬に開催するイベントがおすすめ!

“夏と冬に、多様なジャンルのアーティストと地域、観客が一体となって創り出す「アートパフォーマンスロード」というコミュニケーションフェスティバルを開催しています。とにかく楽しくて、心躍る時間を過ごせますよ。ぜひ大分へ遊びにきてくださいね!”

studio-Lにひとこと!

“情熱大陸で山崎さんを見てぜひ話をしたいと思い、電話をかけたのがstudio-Lとの出会いです。大分で山崎さんの講演会を開いたのは、おそらく僕らが一番はじめだったんじゃないかな。鉄道残存敷利活用のプロジェクトでも、スタッフの皆さんから良い刺激をもらっています。実は、8月1日は弊社の設立記念日でもあるんです!地域のため、人のために、ともに文化を創っていきましょう!”

===========================
大分駅 鉄道残存敷利活用プロジェクト
studio-L担当:山崎、醍醐、内海
場所:大分県大分市
WEB:http://www.senroatokara.net/kyogi/

map_oita