059_sugimoto

スタッフ紹介!杉本光(大阪)

「お世話になりまし展」では、studio-Lのスタッフの合流のきっかけや仕事での喜びなどの素顔に迫ります!59日前の今回は、大阪を中心に活動する杉本です。

海外で培った農業経験や語学力をローカルな地域で活かしたいと思っていたときに出会ったのがstudio-Lでした

こんにちは、今年の2月からstudio-Lに合流した杉本です!4ヶ月ほど「泉佐野丘陵緑地」という大阪府営公園でパークマネジメントに関わらせていただいております。

studio-Lに合流したきっかけは、学生時代から「これからはローカルの時代」という思いが強かったからです。しかし、大学卒業後、私はフランスの農業コミュニティに参加するという選択をしました。多くの学生と同様にグローバルを目指していたのです。帰国後、海外で培った農業経験や語学力をローカルな地域で活かしたいと思っていたときに出会ったのがstudio-Lでした。海外での経験が、地域を元気にしたいという思いを強くしたのだと思います。

自然が豊富な泉佐野丘陵緑地での公園づくりには、農業の経験が役に立つこともあります。また公園づくりをしているボランティアの方々が家で作った野菜を分けてくださる、といった思わぬ恵みもあります。みなさんからいただく野菜が私のソウルフードになっています(笑)

この仕事は体も頭も使うハードな面もあるので、健康管理に特に気をつかっています。今は忙しい業務の合間に、いただいた野菜を食べることで元気を取り戻すことが出来ています。もらった野菜を料理することで、くれた人と「おいしかったです!」という会話が生まれるのも楽しいです。

いまだグローカルな仕事をするという目標の途上ではありますが、好きな野菜と、志をともにする仲間と一緒に頑張っていきたいと思います!