013_aoyama

青山を元気にする会議(三重県)

studio-L10周年特別企画!各地のみなさんをご紹介!
–三重県伊賀市より「青山キャラバン先生」のみなさん

「青山を元気にする会議」が、地域の子どもたちを大切に想う仲間たちをつないでくれたことに心から感謝しています!

三重県伊賀市青山地域は、2004年に伊賀市と合併した旧青山町にあたります。伊勢へと続く初瀬街道沿いの宿場町として栄えてきた町並み、そしてその周辺には豊かな自然が広がり、ホタルやオオサンショウウオを見ることもできます。studio-Lは青山で、青山公民館を中心として地域づくりの担い手を増やすことを目指して「青山を元気にする会議」に取り組みました。studio-L10周年13日前の今回は、その会議から生まれたチームである「青山キャラバン先生」のメンバー、上迫直生(うえさこ・なおき)さんのお話をご紹介します。

運命的な出会いで青山に移住

“私は青山町に3年前に来て、青山町で子ども専門の乗馬クラブを営んでいます。出身は福岡で、高校時代は馬術部に所属、卒業後は競走馬の育成や乗馬クラブなどに勤務し、まさに馬漬けの人生を歩んできました。乗馬クラブに勤務しているときに子どもたちへの乗馬指導を行っているうちに、「もっと乗馬を子どもたちに身近に感じてもらいたい」と強く思うようになりました。そして独立できる場所を探しているうちに現在の場所と運命的な出会いをします。(この辺は話すと長くなりますので…。) ”

青山を誇れる子どもたちを育てたい!

“乗馬だけに限らず、地元の子どもたちにとって魅力的な地域づくりをしたいと思っていた時に、「青山を元気にする会議」に参加しました。そこで、『青山を誇れる子どもたちを育てよう!』という思いを持った仲間と出会い、「青山キャラバン先生」を結成しました。キャラバンのように町を巡りながら、竹細工教室やどろんこ田植え体験、稲刈り体験など、青山の自然の中での遊びを子どもたちに伝えています。”

地元のおっちゃんと楽しんで活動しています

“私のようによそから来た人間が、一つの想いを共有して、地元の人と何かをするのは簡単なことではありません。「青山を元気にする会議」が、地域の子どもたちを大切に想う仲間たちをつないでくれたことに心から感謝しています!「青山キャラバン先生」の活動を通して、自分たち自身が楽しみながら、青山の魅力やおもしろさを伝え、子どもたちの笑顔を増やしていきたいです。地元のおっちゃん(ごめんなさい。笑)と何かするのはメチャ楽しいです!”

studio-Lにひとこと!

“10周年おめでとうございます!studio-Lの方は若い方が多く、「熱い」想いを持って仕事に取り組んでおられると思います。地元の個性的なおっちゃんたちにいじられているstudio-Lメンバーを見ていて、大変だな~と思いました(笑)これからも魅力ある地域づくりのために尽力されてください!応援しています!…また青山のおっちゃん軍団にいじられにきてください(笑)”

===========================
伊賀市青山公民館活性化事業
studio-L担当:西上、佐谷
場所:三重県伊賀市青山
WEB:http://aoyama.igaueno.net/

map_iga