01_geikoudai

東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科(山形県)

studio-L10周年特別企画!各地のみなさんをご紹介!
–山形県山形市より、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科2年生の牧野さん

2014年4月に新設された、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科。studio-L代表の山崎が学科長を務め、コミュニティデザイナーの後進を育てています。studio-L10周年、1日前の今回は、コミュニティデザイン学科1期生の牧野さんにお話をうかがいました。

先生方、studio–Lのスタッフのみなさん、そしてこれからお世話になるかもしれない全国のみなさん、ご期待に添えるよう頑張りますので、今後とも叱咤激励のほどよろしくお願いします。

東北でコミュニティデザインを学ぶ。
コミュニティデザイン学科2年の牧野秀紀と申します。コミュニティデザイン学科は現在、1期生は35人、そして今年新たに入学した2期生32人の総勢67人の所帯です。大学がある山形は、自然が豊かであることに加えて、食べ物も美味しいという恵まれた環境にあります。また、地域課題が山積する東北は、コミュニティデザインを学ぶ上で最高のフィールドでもあるのです。

大学の外にも出て、現場で学ぶ。
そんな最適な環境で、山崎亮学科長をはじめ、studio-Lのスタッフでもある学科専任の先生方の授業を日々受けています。1年生では、コミュニティデザインの基本となることを学びます。そして2年生になったら、1年生のときに学んだことを実際に地域に出て実践していきます。ときには先生方の持たれているプロジェクトに私たち学生もお手伝いとして関わることもあります。このように、座学をはじめとした研究だけでなく、実践を交えながら大学の内外で私たちは学びを得ています。

コミュニティデザイナーを目指して。
そんな私の目標は、先生と一緒に働けるようになることです。現場で活躍されている先生のようなコミュニティデザイナーを目指しています。そして将来の夢としては、浜松に恩返しをすることです。これまで育ててきてもらった地元への郷土愛は並々ならぬものがあります。そういった思いを胸に、大学での学びに励んでいます。

日本で初めてのコミュニティデザイン学科生として。
これから私たちコミュニティデザイン学科では、3期生、4期生と仲間を増やし活動の幅を広げていきます。日本で初めてのコミュニティデザイン学科生としての誇りを大切にすると同時に、熱心な先生方のご指導に感謝しています。先生方、studio–Lのスタッフのみなさん、そしてこれからお世話になるかもしれない全国のみなさん、ご期待に添えるよう頑張りますので、今後とも叱咤激励のほどよろしくお願いします。

===================================
東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科
studio-L担当:山崎、醍醐、岡崎、出野、丸山
場所:山形県山形市
Web: http://www.tuad.ac.jp/communitydesign/
01geikoudaimap